ヘッダー
画像1 画像2

イノベーション温故知新から

NCリンクスとESP Dragonとの融合に成功

NCリンクスとESP Dragonを融合して
IoTで味付けをしたら面白いものができた。
それがマリンバM3。
30年間、今も現役で
NC工作機械とつないでいるNCリンクス。
電力計、BEMS、太陽光発電、蓄電池、空調システムなど
ビル設備をつないでいるESP Dragon。
これらとIEEE1888で培ったクラウドと
アプリケーション技術から
新しいものが生まれた。
これって イノベーションかもしれない。

3つのM

  • Everything Smartly Connected
  • 既存の機械設備が何でもつながる

既存の設備にそのまま導入可能で、すべての設備とつながります。
たとえば、カウンタで得られる稼働データと電力等のエネルギーデータ
を組み合わせた見える化の実現。マリンバM3なら、それも可能です。

※スマートメータは2016年認証取得予定

  • Easy Setup
  • セットアップはシンプルに3段階

  • 1
  • 現状調査
  • コネクタ形状や
    電源線の確認
  • 2
  • 接続設置作業
  • マリンバM3設置と
    各ケーブルの接続
  • 3
  • 動作確認
  • 通信、動作テスト

  • As You Like
  • 利用シーンは自由でしなやかに

  • User Friendly Interface
  • 豊富な機能で“できる”を増やす

  • イケてる画面デザイン

    携帯端末があれば、現場に居ずとも電力やカウンタデータを表示・監視することが可能。相関関係をオセロチャート示すようなクールな活用を実現。

  • DNC機能

    CAD/CAMデータからNCデータへの変換が可能。また、ステータス管理機能なども付与されており、データの送受信による制御なども可能。

  • 電力管理機能

    電力判定による加工、待機時間とその間の消費電力を把握することが可能。

  • 稼働管理機能

    パトライトの接点信号やCTセンサの電力情報により稼働状態の判定がどこにいても確認可能。

  • 品質管理機能

     

    パトライトにより、故障判定などの異常検知も可能。気温センサにより、加工中の温度変化の把握が可能に。

  • 生産管理機能

    生産個数カウンタにより生産数量を把握する事が可能に。生産実績入力端末としても活用できる。

よくあるご質問

  • どんな機械でも接続できますか?
  • はい。可能です。当社は工場との接続、データ送受信等の実績が30年あります。旧式、新式、また、メーカーが問わず、接続が可能です。
  • DNC機能とはなんですか?
  • マリンバM3とNC工作機械間で直接データの送受信を行いながら、工作機械を制御する機能です。当社既存製品のNCリンクス(500社、6000台導入)の技術を継承しながら一括送信機能を付加しさらに使いやすくなりました。
    詳しくは CIMXのホームページ をご確認ください。
  • すべての機器を接続しなくてはいけませんか?
  • いいえ。接続台数、収集する情報をご自由にお選びいただきます。
  • WiFi環境は必須ですか?
  • いいえ。LANも利用可能です。スタンドアロン、オンプレミスでの利用、クラウド利用といった用途と管理したい情報に合わせてシステムを構成することが可能です。
  • データを閲覧する端末を新たに用意する必要がありますか?
  • いいえ。WEBブラウザとネットワークに接続可能なパソコンやスマートフォンをお持ちであれば、新たにご用意いただく必要はございません。

お気軽にお問い合わせください。

マリンバM3についてのお問合わせ・資料請求は下記のフォームからお問合わせ下さい。

スマホ向け表示